スーパーナンペイ事件の犯人は?2chで話題の未解決事件とは

ren-toshidennsetu



平成も終わり、新元号の「令和」へと時代は変わりました。

東京オリンピックや5G プロジェクトなど、日本を中心に世界が変わりつつある昨今ですが、平成の30年の間に”解決することのなかった未解決事件”があります。

 

その中の一つ「スーパーナンペイ事件」は知っていますか?

 

この事件は1995年の7月30日に起きた事件でスーパーの従業員とバイト含む3人が何者かによって射殺された事件です。

 

今回はこの事件の概要と不可解な点について書いていきます。

スーパーナンペイ事件の概要とは

スーパーナンペイ事件の概要は以下の内容から。

1995年7月30日午後9時15分から17分頃、八王子市大和田町のスーパー「ナンペイ大和田店」の2階事務所拳銃を持った何者かに女性従業員3人が射殺された。被害者パートの47歳女性A、アルバイトの17歳の女子高生Bと16歳の女子高生Cの3人(年齢はいずれも事件当時)[4]で、犯行時間は数分間(被害者Aの知人が、迎えに来るまでの間)。犯人は何も奪わずに逃走している。金庫を開けようとした形跡はなく、その他の貴金属類にも手をつけておらず、金銭目当てではない可能性もある[5]。女子高生2人は粘着テープで口を塞がれた上で互いの右手と左手を縛られており、至近距離から後頭部に1発ずつ発砲され、即死の状態であった[6]。また、パートの女性は体を縛られていなかったが、銃把で殴りつけられたのちに金庫の前に突き飛ばされたものとみられており、女子高生の殺害後に左右の額に銃口を押し付けられて殺害された[7]。また、使用された拳銃はフィリピン製のスカイヤーズビンガムとされる[8]

出典-八王子スーパー強盗殺人事件

 

要約すると、スーパーナンペイでアルバイトをしていた女子高生二人とパートの稲垣さんの3人が何者かによって射殺。使われた銃はフィリピン製の熟練者用の銃だったといいます。

 

そのため、犯人は殺しに慣れた暴力団関係者ではないか、と一部では話されています。

 

スーパーナンペイ大和田店は一度「ひまわり」と名前を変えスーパーを経営していましたが1998年に解体され駐車場となっています。

 

この事件は、「なぜ3人が射殺されてしまったのか」、そして「犯人の動機や目的は一体何だったのか」という点がいまだに割り出せていないのが不可解な点です。

しかし、捜査の結果、大きく分けるとこの事件は「強盗説」「怨恨説」が濃厚ではないかと言われています。

 

ナンペイ事件:強盗説

まず、このナンペイ事件強盗説についてですが、スーパーナンペイ大和田店は実は何度も空き巣に入られていた形跡があったといいます。

 

というのも、今回の事件で殺害された稲垣さんが度々お店のセキュリティの甘さについて他人に漏らしていたといいます。

 

お店も1階の売り場から2回の事務所まで売上金を持っていき、金庫にいれて管理していました。その事実を知った何者かが売上金欲しさに犯行を企てた可能性が高いとして、その線を中心に警視庁が捜査を続けているのが強盗説です。

 

そして、ちょうどその日は3日分の売り上げが残っている日で、526万ほどの売上金が残っていたようです。

 

犯人は、事件当日に売上金を管理する際、稲垣さんとアルバイトの女子高生2人をガムテープで両手首を押さえ銃を突きつけ金庫の鍵を狙い犯行に及びました。

 

しかし、現場には”金庫を開けようとした形跡がなかった”といいます。

 

そして、この強盗説では、犯人が発砲したことにより気が動転し、目撃者に見つかる前に逃走したのではないかという説です。

 

ただ、ここで疑問に思うのは、”金庫の金を盗むことが目的”で犯行したのにもかかわらず、金庫を開けようとした形跡もなく、しかもその場にいた3人を脳天から銃で射殺しているのです。

 

もはや気が動転して発砲した人間の行動ではないと思いませんか?

 

実際に使われていた銃もフィリピン製のスカイヤーズビンガムという銃で素人が使えるような銃ではないそうです。

しかも、犯行から逃走までの間にはほんの数十分しかかからなかったといいます。

そんな銃をつかって3人全員を頭に打ち込んで殺す必要があったのでしょうか?

 

と、ここで出てくるのが、もう一つの怨恨説です。

 

ナンペイ事件:怨恨説

この怨恨説とは、金庫の金を盗むのではなく、単純にその場にいた人間に対して恨みがあったための犯行だとする説です。

 

この事件で殺害された3人の中で一人だけ、「カッターの刃入りの脅迫文」が送られていたといいます。なかには「このままだと命はないぞ」という脅迫文も書かれていたそうです。

 

犯人も、足跡などからわかる動線が事務所から出口までの一直線のみだったといいます。

 

もし金目当てで入ったとして金庫があかなかったなら、ほかに金目の物を盗もうと思うはず。

 

にも関わらず、金庫に銃を一発発砲したのみで逃走しています。とすると、犯人の目的は金目の物ではなく”被害者のうちの誰かを殺害することだった”のではないかという説が怨恨説です。

 

それを裏付ける証拠としては、犯行当日、実はスーパーのすぐ目の前で盆踊りが行われていました。

 

盆踊りで騒がしい日であれば、銃声も届きにくいと判断して決行されたとしたら、衝動的な犯行ではなく計画的に行われた犯行であるといえます。

 

つまり、確実に被害者を殺害するために最も確率の高い日を選んで行ったのであれば怨恨説が成り立つ、というわけです。

 

では、それだけの理由があるにも関わらずなぜ犯人が逮捕されないのでしょうか。

 

犯人が逮捕されない理由としては、いまだに逮捕できるほど明確な情報がつかめていない、というのが真相のようです。

 

拘置所にいる暴力団関係者が知人に向けた手紙の中に元自衛隊の男性の実名が上がっていたり、中国で死刑確定した日本人男性が「八王子事件は日中混成暴力団が関わっている」と証言の後死刑になっています。

 

しかし、それらの証拠を集めても犯人の特定にはなりません。

2015年2月には、10年前に亡くなっている男性の指紋と事件現場にあった犯人の指紋が一致した、というニュースがありました。

 

その指紋に関しても8点(1億人に一人を特定できるレベル)まで一致していたものの、犯人として断定できる12点まで精密に特定できていないのと、この男性には事件当時のアリバイがあるため犯人ではないとされています。

 

ここまで捜査をしていまだに結論にたどり着かないため、警視庁は目撃者の情報提供をいまでも呼び掛けています。

 

現在呼び掛けているのは「20時56分頃、焼きそば・果実・お好み焼きなどを購入したうえで、スーパーの駐車場に向かい白色セダンに乗車した」とされるカップルについての証言と、事件現場の事務所にあったタバコの吸い殻に付着したDNAについての情報です。

 

同庁のHP(八王子警察署特別捜査本部:042-621-0110)に事件の解決に導く情報提供者には現在600万円もの懸賞金がかけられているといいます。

 

本事件は日本の銃犯罪のターニングポイントでもあり、懸賞金がかけられている事件のなかで犯人が特定されていない事件の中で一番古い事件となります。

 

事件発生からすでに24年がたっています。令和になっても忘れてはならない事件の一つとして、決して見て見ぬふりをしてはいけない事件だと思っています。

 

いち早く犯人が特定されることを心から願っています。

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。