7月26日は幽霊の日。制定された理由は”四谷怪談”にあり

ren-toshidennsetu



 

夏もいよいよ本番に差し掛かってきました。

夏といえば、暑さを冷ます「怖い話」が日本の風物詩になっています。

なんと、7月26日は「幽霊の日」なんだそうです。

 

幽霊が誕生したのがこの日なのか、はたまた幽霊にとって重要な日なのか、とても気になったので調べてみました。

特に怖い話などではないので、安心して読んでいってください。

 

幽霊の日の起源は?誰が制定したの?

幽霊の日は、1825年7月26日に制定されました。制定の理由としては同日に『東海道四谷怪談』という演劇が初公演されたことが由来です。

 

1825年(文政8年)はちょうどこの四谷怪談を皮切りに『怪談ブーム』が到来します。百編の怪談を話すと最後に妖怪が現れるという「百物語」や、それこそ「妖怪(当時は化け物などが主流)」という存在も形作られるようになったのがこのあたりです。

 

次に、幽霊の日は『誰が』制定したのでしょうか。

調べたところによると、日本の記念日は「一般社団法人 日本記念日協会」という組織により制定されています。

企業や一般人から記念日の申請があればその理由などを考慮し、記念日として制定してくれるのですが、

 

「幽霊の日」はこの日本記念日協会公認の記念日ではありません。

 

つまり、非公式にもかかわらずこれだけたくさんの人に広まっている”裏記念日”ということになります。

 

これだけ広まったのであれば、「東海道四谷怪談」は当時の日本人にとってとても衝撃的な演劇だったのでしょう。

 

東海道四谷怪談とは?

「東海道四谷怪談」は、江戸中村屋にて公演した怪談狂言と呼ばれる歌舞伎です。四世鶴南北(よんせいつるやなんぼく)が作った演劇で、当時にはなかった”ある斬新な演技”によって会場を沸かせた有名な作品となっています。

 

その斬新な演技とは、「幽霊の足をなくす」演技。

四谷怪談は「お岩さん」の話を扱っていて、その狂言中に登場する「お岩さん」の足がないような演じ方をすることにより演技が際立ち、「本物の幽霊のようだ」と観客が驚いたことから「幽霊の日」と命名されるようになったのだと思います。

 

「お岩さん」ですが、あらすじはこのようになっています。

 

お岩さん(岩)には伊右衛門という夫がいて、二人仲良く暮らしていました。

 

そこに、伊藤喜兵衛とその孫の梅が二人の関係を良く思っておらず、伊右衛門も岩が妊娠後に体調がすぐれなくなったのを機に岩を嫌うようになりました。

 

伊藤喜兵衛は伊右衛門と孫の梅を結ばせようと策略をたてました。その策略に伊右衛門がのらざるを得なかったため、岩が他の男と密通をしていたというウソをでっちあげで離婚しようとするもうまくいきません。

 

その密通した男は伊右衛門が喜兵衛との策略をしったため岩に打ち明けようとしましたが、喜兵衛は岩に毒をもって殺してしまいます。

 

岩は夫の伊右衛門に毒殺された恨みを向け、夫の前に幽霊として出ました。錯乱した伊右衛門は喜兵衛と梅を殺害し、精神を病みおかしくなってしまいます。

 

喜兵衛に薬を売っていた与茂七が岩の妹から事の顛末を教えてもらい、敵討ちに伊右衛門を殺してしまいました。

 

お岩さんは実際に起こった話のようで、お岩さんを安置する『於岩稲荷田宮神社』が東京の四谷にあります。

 

様々な恋模様がこじれていき、お岩の恨みによってたくさんの人が殺されていく会談は話としてはとても恐ろしいですね。

 

幽霊にちなんだ雑学

お岩さんなどの「幽霊」ですが、実はイギリスでは”幽霊大国”と呼ばれるほど霊体験する人が多いのだそうです。

 

なかでも驚きなのが、イギリスでは「幽霊保険」という保険があり、霊的事象によるケガの治療費を負担してくれる保険なのだとか。

 

イギリスは『プラック・リー村』という村が”幽霊の出すぎる村”としてギネスに載っているほど、幽霊屋敷などの心霊スポットで右に出る国はないほどです。

 

他にも、幽霊と情事に至ったと主張するカウンセラーの女性がいたり、幽霊が長年駅にでるという悩みを解決するために幽霊の指導員を雇用したりと一見冗談のように思えることを大真面目にネットニュースで報道しています。

 

いかがでしたか?

個人的には「お岩さん」が実話をもとに作られていることに衝撃を受けました。

幽霊の日に友人と怖い話をするのも夏らしくてよいのではないでしょうか。

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。