北海道の都市伝説-北の大地最恐”ヒグマ”にまつわる話と正しいクマ対策とは?

ren-toshidennsetu



北海道では”ヒグマ”などのクマがとても身近な存在として知られています。登別にはクマ牧場というクマしかいない動物園もあるほどです。

 

そんなヒグマですが、クマのなかでも肉食の傾向が強く、中には”人を襲って食べる”こともある生き物なのです。

 

実は北海道に生息しているヒグマが実際に人を襲った事件がたくさんあり、山登りに行くときは幽霊や怪奇現象なんかよりもっぱらクマの方が恐れられています。

 

今回は、北海道で起きたヒグマ事件を紹介していきます。

 

三毛別羆事件とは?

  

まず、ヒグマの事件で最も有名なのが『三毛別羆事件』です。

この事件は1915年12月9日~14日に発生した獣害事件で、一匹のヒグマにより7名もの死者がでている史上最大の事件です。

(詳細を確認したい人のためにURL貼っておきます)

三毛別羆事件‐Wikipedia

 

約一週間にわたり、開拓時代の集落の人々が恐怖に怯え過ごすのはとても現代にはない恐怖を感じます。

 

普段、クマはめったなことがない限り人を襲うことはありません。

しかし、この時のヒグマは「穴持たず」という、冬眠時に入る穴が見つからず冬眠ができなかったクマだったそうです。

 

穴持たずのクマは非常に狂暴化するため一部のマタギなどから注意喚起されていたのですが、この狂暴化したヒグマが人を襲い食べるようになったため、集落に現れては人々を殺していったとされています。

 

また、体長も2.7mと普通のヒグマ(1.9~2.3m)よりも大きく、猟銃を発砲しても生き延びるほど強靭な体を持っていました。

 

最終的にはその集落で最も腕の立つ兵吉という男が2発で仕留め、クマによる恐怖を終わらせたそうです。

 

この事件はいまだに類を見ない獣害事件で、日本で7名の死者と3名の重傷者を出した獣害事件はこの事件だけだと言われています。

 

その他のヒグマの獣害事件

 

この三毛別羆事件の他にも何と9つもの獣害事件が発表されています。

そのうち7つは日本で起きた事件のため、いかにヒグマによる犠牲者が多いかが分かっていただけると思います。

・石狩沼田幌新事件(1923年8月21日)

・札幌丘珠事件(1878年)

・福岡大学ワンダーフォーゲル同好会羆襲撃事件 (1970年)

・秋田八幡平クマ牧場事件 (2012年)

・十和利山熊襲撃事件 (2016年)

・星野道夫死亡事件 (1996年)

特にこの中の『福岡大学ワンダーフォーゲル同好会羆襲撃事件』は日本テレビの『世界仰天!』でも放送されました。

 

文面だけで追うのもとても怖いのですが、それよりも映像化された時もかなり怖かったです…

 

クマの実態とは?どんな時に人を襲うの?

 

ここまで、クマに食い殺された例や襲われた例など様々ありましたが、実際にクマに出くわしたときにはもう終わりなのでしょうか?

クマの生態について詳しく記載しているサイト『森と水の郷あきた あきた森作り活動サポートセンター』によると以下の行動によってクマに襲われずに済むそうです。

 

  • クマの人身被害防止対策
    1. 一人ではなく複数で行動すること。
    2. 音で自分の存在をアピール・・・「クマ避け鈴」や「ラジオ」、「笛」、「爆竹」。
    3. 残飯や生ゴミは絶対に捨てないこと。餌付いたクマは、人間に寄ってくるので危険。
    4. 臭いでアピール・・・腰に下げる「蚊取線香」も有効。夏は、虫よけとクマ避けの一挙両得のアイテム。
    5. 危険なクマの出没警報が出されている周辺には、絶対に立ち入らないこと。
    6. 「熊撃退スプレー」を携帯すること。なぜなら1~5までは、クマとの遭遇を回避する対策だが、近年、そうした対策をとっていても、危険な親子グマや残飯などに餌付いたクマ、人を恐れなくなった新世代のクマと遭遇し、人身事故を起こすケースが増えているからである。

出典―https://www.forest-akita.jp/data/sansai/kuma-taisaku/kuma.html

 

まず一番に必要なのが、「爆竹」や「クマよけスプレー」などの道具を持参することです。もしクマに会った時は、死んだふりや一人で走って逃げるのが一番危険だそうです。

 

クマは走っているものを追う修正があるため、どんな状態でも走っているものを見ると追っかけて来るのです。

 

クマは本気で走ると時速40kmで走るため、人間の足でなおかつ森の中を逃げても必ず追いつかれます。

 

なので、まずクマに出会ったら、グループであれば固まること、そして、背を向けずにあとずさりしながら距離を置くこと。

 

また、クマに出会った時に特に何もしていないにも関わらず威嚇をしてくることがあるそうです。

 

そういった場合には、近くにキノコなどのえさ場があることが多く、クマは自分の食べ物が取られることに異常な執着心を抱くため、威嚇・攻撃などの行動に出るそうです。

 

クマは、人間も好きな「タケノコ」や「キノコ」を好んで食べるため、山菜狩りに行くときなどは特に前もってクマ対策をすることをオススメします。

 

いかがでしょうか。

道外の人が山登りにくる場合に、意外とクマの実態について知らない事があり、クマに適切な行動をとれず怒りを買って襲われてしまいます。

 

これから夏本番です。キャンプなどでは特にクマ対策をしっかりとしていきましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。